世界の中の困った国

最近心配になっているのが、地震よりも噴火よりも、北朝鮮の動向です!いやあ、すでにミサイルには燃料を注入しており、燃料を注入したら数時間後から2日以内には発射するのが普通だということは、明日あたりがやばいのかなあなんて思いながらニュースを見ていましたが… いったい北朝鮮は、どれだけ世界に迷惑をかければ気が済むのでしょうかねえ。自分が戦争を仕掛けるよりも前に、まずは国民の生活を向上することに力を注いで、独裁政治でもよいと国民に支持されるリーダーになればいいのに、どうして恐怖政治しか頭にないんでしょうかねえ。北朝鮮の代表は、まだ28歳と若いということもあって、実は軍の上層部の人に言いくるめられてやっているのかなあとも思いますけれどね。お父さんやお爺さんと違って、素晴らしい北朝鮮という国を作ればよいものを、やっぱり失敗を繰り返すことになるんでしょうかねえ。親の背中を見て、育っているわけですしね。そのうち世界から、完全無視になるのでしょう…